ホーム > ファッション/ブランド > ルイ・ヴィトン 修理

ルイ・ヴィトン修理は正規リペアサービス

ルイ・ヴィトンの「リペアサービス」をご存じでしょうか。
リペアサービスは、正規のルイ・ヴィトン製品を修理するための専門の窓口なので、腕は確かで安心です。長年、使い続けていくうちに取れてしまった財布のスナップ、ボタン、バッグのファスナーやスライサー、持ち手、ハンドル付け根の皮革部分の交換、また、トランクのビスや内張りの交換など、リペアセンターではそれぞれの修理内容について、直接ご相談してくれます。その上で、ひとつひとつ丁寧に修理していきます。

ルイ・ヴィトンでは、糸やビスの1本までパリと同じパーツを取り揃え、フランス本国とまったく同じ手法で修理してくれるんです。伝統的な定番ラインからモノグラム・ヴェルニラインなどの新製品はもちろん、現在は製造していない古い製品まで、あらゆるルイ・ヴィトン製品の修理に関する相談にのってくれます。修理にかかる日数は修理内容によって、受け付け方法によって、それぞれ異なってきます。また、修理内容・ご連絡先のメモを添えて、リペアセンターに郵送することでも修理を受け付けてくれます。

もちろんですが、正規品でないものは、修理はお断りされます。購入先が直営店かどうか忘れてしまった場合は、特に製造番号やシリアルナンバーなどを確認しましょう。ただし、年代によっては正規品でも製造番号がないものもあります。偽物でも精巧につくられたものは製造番号やシリアルナンバーも入っているので、注意が必要です。心配であれば、今後はオークションや質屋さんで買わないほうがいいですね。
修理そのものはルイ・ヴィトンへ持ちこまなくても、一般の修理店でもやってくれますが、ルイ・ヴィトン正規の修理を受けたほうが、あとあとのことを考えると良いとでしょう。



ルイ・ヴィトンのリペアセンター

リペアセンターに製品を直接持ち込んだ場合は、通常2〜3週間はかかるようです。 ただ、修理の内容によっては各リペアセンターに併設されている工房で修理できるものや、その日のうちに受け取ることもあります。(このクイックリペアをご希望の場合は、パーツ在庫、待ち時間を事前にお電話にてご確認ください)。 ちなみに、全国各地のルイ・ヴィトンブティックで修理を出した場合は、通常3〜4週間はかかるとのことです。修理が完了した製品は代引きで指定の住所まで送られます。 (配送料・代引き手数料などの費用は着払いです)

来店での修理承り先
ルイヴィトン リペアサービス東京
〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 青山ツインビル東館2階 TEL:03-3478-7375 営業時間11:00〜19:00

ルイヴィトン リペアサービス名古屋
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-6-17 TEL:営業時間11:00〜20:00

ルイヴィトン リペアサービス大阪
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-2-2 TEL:06-6347-4411 営業時間11:00〜20:00

ルイヴィトン リペアサービス神戸
〒650-0035 兵庫県神戸市中央区浪花町27 TEL:078-327-8780 営業時間11:00〜20:00

ルイヴィトン リペアサービス福岡
〒812-0027 福岡県福岡市博多区下川端町3‐1スーパーブランドシティ TEL:092-263-6422 営業時間10:00〜20:00

配送での修理承り先
〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 青山ツインビル東館2階 TEL:03-3478-2091 営業時間10:00-18:00(日曜定休)



ルイ・ヴィトン、修理代金の相場

この金額の相場はルイ・ヴィトンのリペアセンターで修理を行った場合の相場になるので、あくまでも参考にしてくださいね。 電話で問い合わせしたり、持ち込んだり、郵送などして、実際に自分の修理代金を確認したほうがいいですよ。

修理の一例
・パピヨンのファスナー取替えで費用は5000円位、またヌメ革も周りの色に合わせて染めてくれました。そこだけ新品にならないようにとの配慮。
・ボストンバッグ、ファスナー部分の皮の修理は、3000円位の金額でした。皮は、まわりと同じような色を調整して付けてくれます。
・手帳の金具が壊れて出した時の値段は4000円位でした。
・ソミュール35のビスを2ヶ所、交換したことがあります。その時の修理金額は3000円位。
・ソミュールのショルダー部分の料金は3万円前後かかるそうです。
・財布のボタン交換で、2500円、ジッパー交換は5000円〜8000円という金額でした。
・1本37,000円の傘を修理しました。骨の修理と、布の張替えで、1本2万円弱の料金でした。
・買ったところのデパートに持って行きました。金額は、肩紐が切れましたので4000円でした。
・ボストンのファスナーの持ち手が取れてしまって修理、1時間くらいで値段は2000円でした。
・ボストンのファスナーの取替えで見積もり通り修理金額は約7000円でした。

ちなみに、カバンの内張りのベタツキが発生した場合、無償修理というのがあります。 期間は無期限のものと5年,10年とさまざまです。カバンによって補償内容は変わってきます。 補償期間が10年でも11年目に持っていけばそれくらいならサービスとかが多いようです。 ベタツキは、高温多湿な日本の環境において発生しやすい現象ですが、そのような欠陥に対し、無償修理というサービスで応えてくれているわけです。 公式サイト、ホームページにも補償期間などリペアサービスに関しての記載もあるので、確認してみるとよいでしょう。


スポンサードリンク